ブログトップ

一心如鏡 一心白道

isshing.exblog.jp

吠える!ひたすら吠える!!

カテゴリ:仮説( 13 )

ツイッターアカウントの売買が行われいるのではないか?と考えた事がある。
実際ネット上で、こんな内容で検索がヒットした事が、以前あった。

「成りすまし」をする為には必要じゃないかってね。

久々に都市伝説~♪

おそらく売買を専門にする業者が存在する。
まず何らかの方法で「貴方のアカウント売って下さい」なんて告知。
ネット・口コミなんかでね。

当然アカウントの価格は、ユーザーの使用状況により違ってくる。
フォロー・フォロワー数とか、ツイッターにおける用途とか。

そして何より重要だと考えるのが、「メルアド」。
IDを調べた所で所有者は誰であるかはわからない。
そうすると重要になってくるのがメルアド。
しかし、メルアドを調べた所で、サブアドなんかが使用されていればだ。
前の持ち主と現在の持ち主は違う訳。
想定していた相手とは全く違う人物となる。

メルアドなんかは登録さえしてしまえば後から変更は可能。
DMなんか必要なければ、架空のアドに変更しておけばいい訳だ。
これなら別に個人でも作成可能だけどさ。


サイト・ブログなんかも、同様の手口でなんて事も可能だよね。



信じるか信じないかは貴方次第!
[PR]
by otasukeisshin | 2013-05-28 08:30 | 仮説
昨日の続き。


一番言いたいのはやはりこんな事を頼む側!
自分を支持してくれている事をいい事に相手の心につけ込む。

「頼りにしてるよ」な~んて言われたら断れないよね。


これはあくまでも例えです。
FCイベントなんかに行った人はいますか?
大体は握手会なんかで会話する程度で終わります。
みんなで鍋つっついて談笑するなんてありませんよね?(笑)

例ですよ。例え話。


他にもあげれる例はあります。
今度ゆっくり♪
[PR]
by otasukeisshin | 2013-03-14 22:32 | 仮説
私の前籍の会社。
確かサッカーチームのスポンサーをしていたな。


ここまでにしておく。
こんな事言っては何だけど、私の事をある程度調べている人なら「繋がり」。
人の繋がりがわかるんじゃないかな?

推理ゲームだと思ってやってみてね♪(笑)






おやすみ。
[PR]
by otasukeisshin | 2013-03-06 11:33 | 仮説
これは私が感じたままの事を書くまで。
事実かどうかは確証はない。


私のログ記録及び動画サイトで視聴したものをネタにブログで使用している広告とか、記事とかを作成してないか?

ブログを訪問する度に「!!!」なんて思う事あるよ。
偶然だとは思うよ。
でも、これが事実であればおたくの会社及びの社員が「クロ」である事は歪めない。
個人情報の事に関してね。



まあ偶然としておこうか。
世の中不思議。
ミステリーとしておこうか。
[PR]
by otasukeisshin | 2013-02-16 01:28 | 仮説
久しぶり♪


検索サイトの主な収入源は「広告」。
これはあくまでもの表向きと言うのが私の考えだ。

では実際の収入で一番ウエートを占めるものは何か?
ここから私の仮説を述べたい。


それは検索された語句。
つまり「情報」である。


例えば「食」に関して検索するとしよう。
この情報は外食産業は必ず欲しがる。
芸能プロダクションであれば、所属タレントがどのくらい検索されてるか?
人気のバロメーターを計る上でも、この情報は欲しいはずだ。
他の異業種についても同様の事が言える。
そこで情報の売買が発生すると言うことだ。

これらの売買は駄目かと言えば?
何も問題はない。
市場調査の一つに過ぎないのだから。


私が問題視するのは。
うるおぼえで申し訳ないが、「ジパング」に登場するイージス艦を例に挙げ説明したい。

イージス艦に搭載されている防衛システム(OS)
最高はレベル7。
これはアメリカ。
続いて6はイギリス。
5が日本で、4か3が韓国。
これはハッキリ言って自信がない。

結局何が言いたいかと言えば情報のレベル。
レベル5が先に述べた、市場調査情報(普通)だとするならばだ。
それよりも高いレベルの情報の売買もあって当然だと言いたい。
これが個人を特定できるだけの情報だとしたら?
売買していけないとは言わない。
ただ、扱う人間が情報管理において相応しい人材でないとしたら?
情報漏洩に繋がり、情報を売買された個人のプライバシー侵害及び生存権をも脅かしかねないと思っている。

これは都市伝説として書いてはいるが、信憑性はあるんじゃないかなと考えている。
何故か?
それは私が散々馬鹿やったからね(笑)

では事実だとして。
どうして表に出て来ないのか?
それは簡単。

関わっている人間達は皆一蓮托生だからだ。



信じるか信じないかは貴方次第。
[PR]
by otasukeisshin | 2013-01-22 10:55 | 仮説
以前書いた「メール」についての都市伝説の追加妄想記事(笑)


果たして第3者のメールを不正に取得する事は可能か?

私は可能だと思う。


よくあるでしょう。
本アドレスとサブアドレスに届くメールをひとまとめにするツール。
それでなくてもただのメール転送(メールを別メールボックスに転送)の機能を使えばできるはず。
相手のアドレスさえ登録すればいいだけだから。

現在正規に運用されているツールのプログラムなんかを改造すればいいのだからね。

このツールを手に入れやすい人っているでしょうよ。
どこぞか探せば。



この間はこの部分を書き忘れたので追加。


信じるか信じないかは貴方次第。


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

さて私は寝ます。
仕事中も休み休みで暫くは行く予定。
何事も身の丈を越えてはいけない。


本日三本目のアップ失礼しましたm(_ _)m
[PR]
by otasukeisshin | 2012-10-10 09:52 | 仮説
「コメント」


ブログのコメント欄。
ブログやってる人はコメントなんかあると嬉しいよね。
実は…このコメント欄なある秘密があると私は睨んでいる。

都市伝説の始まり♪


以前私はコメントを書いた人の後を追った事がある。
その時の事を書いてみるよ。


まずは全く記事がアップされていないのがあった。
更新通知を取得するだけならわかるが、記事がないのに関わらずプロフやら壁紙などがきちっと整備されていた。
普通ブログやればアップしたくなるよね?


記事が「ニュース」ばかり。
これはニュースサイトからコピペすればすぐ作成可能。


そして記事の間隔があいている。
ブログを始めてみた頃は毎日でも書きたくなるもの。


何が言いたいかと言えば、「ダミー」と言う事。
「コメント」書く為だけのね。


これについては詳しくは語らない。
私は「必要」だと思っているから。
これ以上語りたい事もあるが、聞きたいと思った人だけ連絡頂戴(笑)


私が心配してるのは、このコメントに「脅し」の類いが含まれてないかという事のみ。
「俺流都市伝説」の一番最初を参考にして考えてみてほしい。



ではまた…あるかな?
次あるとしたら…
サイト・ブログの「管理ページ」について書こうかな?

信じるか信じないかは貴方次第。


本日2本目失礼m(_ _)m
[PR]
by otasukeisshin | 2012-10-07 22:17 | 仮説
例えば、ブログやサイトなどのID・パスワードが売買されているとしたら?


「偽装工作」。
つまり成りすましに使用されている。
ある程度資金に余裕がある人なら可能な事。
まあお金のある人はいいねとの事だ。
いい暇つぶしとでも言っておこうか。
お金あれば他に使う事あるだろうにね。


本来であればID・パスワードは売買・貸与してはならない。
第三者が使用する場合は自ずと変更しなければならないはず?

職人という人達が作成して、それを売買するなんて事もあるかもしれないけどね。

今日はこれまで。
何故ならこの事については次回に繋がる。
書くか書かないかはわからない。
都市伝説とはいえ言葉を選ばなければいけないのが理由の一つ。
まだ理由はあるけどね。


「信じるか信じないかは貴方次第」
[PR]
by otasukeisshin | 2012-09-27 06:40 | 仮説
サイト・ブログ。
運営されている方も多いだろう。
「管理人」という仕事も自然と発生する。

例えば貴方が誰かのファンサイトもしくはブログを運営しているとする。

ここからは私の推測及び仮説。
都市伝説スタート!

おそらく貴方が運営しているサイト・ブログの情報は当事者及び関係者に伝わっている。
これについて私はこう思っている。

「当然!」
知る権利がある。
情報を知る権利が!
当たり前の事!


しかし私が危惧しているのは全く別問題。
貴方の情報についてプライベートまで踏み込んだ場合。
これについては「NG」だろう。
それに必要に応じてサイトとブログのID・パスワードの情報も渡っているとしたら問題だ。

これについては会社単位で行われてる場合と言うよりも?これについては否定はできない。
それよりも内部の人間が小遣い稼ぎの為に情報漏洩させている可能性の方が強いと私は考えている。

「どうせバレないだろうから」

話を戻す。
これはいけない事と断っておくが。
プライベートな情報まで踏み込んでいるとしよう。
個人で情報を管理できるなら、百歩譲って良しとするのが私の考え。
甘いとはわかっている。
でもこれについてあっちにペラペラ、こっちにペラペラのような人だったらどうする?
こんな人に情報が渡ったら、この事が表沙汰になったらこの人はどう責任とるのだろう?

「バレない?」

果たしてそうだろうか?
人間社会なんてどこで足引っ張られるかわからないよ。
それにどこの世界にだって正しい良識を持った人間は存在する。

私があえてこの仮説(都市伝説)を書いたのは、当事者側に「プロ」であってほしいと思うからだ。
我々は「素人」だ。
この意味を理解してほしい。
妙な混乱を生まないで頂きたい。


これは昨日テレビのニュースでの出来事。
禁漁区でのハマグリの密漁者が後をたたないという事だった。

レポーターが密漁者にインタビュー。

「どうして禁止しているのにするのですか?」

「みんながしているから」


みんながしている…か。

みんながしているからと言って、貴方が堕落してはいいという答えにはならないと思った。



信じるか信じないかは貴方次第。
[PR]
by otasukeisshin | 2012-09-15 00:55 | 仮説
c0236783_19232838.jpg

「相変わらず可愛いな♪サキュバスガール」(オリジナル)





「同化」


インターネットをしている時に実は貴方と同時に、それも貴方の識別番号・IPも全く同じで足跡が同じだから全く気づかれずアクセスできる人間がいるとしたら?

つまり、別な場所で貴方がアクセスしたサイトをほぼ同時に閲覧している人間がいるとしたら?

貴方の行動を事前にリサーチしてさえすれば可能。
例えばログ記録を手に入れる事ができればね。
もっとわかりやすく言えば、漫画の「ジョジョ」とゲーム「ペルソナ」を思い出して頂きたい。
知っている方なら「ああっ!そういう事」なんて想像できると思う。

貴方の行動が毎回同じパターンなら、先回りなんて事もできるかもしれない。


それに閲覧履歴をチェックする情報収集としては、「cookie」なんてのもあるから容易い。


これは余談だが、サイトが「重い!」なんて事あるけど、複数でアクセスすればこういう状態になるよね。
よくテレビで紹介されたお店なんかのページが、番組終了と同時に沢山の人がアクセスして閲覧できないなんて事もある。


話戻るけどこの方法も、この前書いたメールと同様に素性知られたくない人間には有効。
ハッキングの一種と言ってもいい。


信じるか信じないかは貴方次第…ちょっとは信じてみよう!!!(笑)



実際捜査機関なんかはネット犯罪を捜査する時は足跡は残さないだろう。
そういうシステム(プログラム)が確立されていると想像できる。
このシステムも作るのは民間企業。
当然作っているのは「人」。
疑ってはいけない事はわかっている。
しかし、人は間違いをおかす動物。


私の場合は仮説(都市伝説)ですからね。
人によってどうとるかはわからないけど。


以前こんな話を聞いた事がある。
日本では間違いをおこさせない為に法律を作る。
アメリカでは人は間違いをおこすものだから法律を作る。

私はアメリカの方が現実的だと思う。
貴方ならどっち?
[PR]
by otasukeisshin | 2012-09-09 19:23 | 仮説